【ダンロップフェニックス】2018概要・日程・放送・賞金額

2018男子プロ大会

2018 ダンロップフェニックストーナメントが宮崎市のフェニックスカントリークラブ にて開催されます。国内最高賞金額の大会とあって毎年注目を集めます。
今年はどんな大会になるのでしょうか、大会概要・高額賞金の確認と賞金獲得する優勝者予想してみたいと思います。

スポンサーリンク

ダンロップフェニックストーナメント2018開催日程

11月15日(木) 第1ラウンド 18H(予選)

11月16日(金) 第2ラウンド 18H(予選)

11月17日(土) 第3ラウンド  18H(決勝)

11月18日(日) 第4ラウンド  18H(決勝)

コース紹介

フェニックスカントリークラブ は27ホールありますが、大会が開催されるのはOUT高千穂9ホールIN住吉9ホールになります。最難関は住吉コースのいずれもパー4の10番、12番、14番です。一流選手の攻略が楽しみです。

ダンロップフェニックストーナメント2018賞金額と昨年の優勝者

  • 今年の賞金額(大会公式サイトより)賞金総額 ¥200,000,000 ($1,818,182)
    優勝賞金 ¥40,000,000 ($363,636 )
    ※$1=¥110換算にて

国内最高賞金額 優勝賞金 4000万円です。例年と同じです。2位でも2000万円です、通常のトーナメントの優勝賞金並ですよね。

公式ページの賞金リストをみると10位で524万円。最下位の65位でも約43万円さすがに国内 最高額賞金のダンロップフェニックストーナメントです。

昨年の優勝者

ブルックス・ケプカ選手

昨年の優勝者というか、2016年、2017年のダンロップフェニックスを連覇して、そしてさらに2017年全米オープン メジャー初制覇そして今年2018年に全米オープン連覇で日本の私たちに もおなじみの顔になりつつあります。

アメリカ人で現在28歳とのこと松山秀樹より2歳ぐらい年上ですね、28歳にしてメジャー3勝です。常に上位にいるわけではないですが何せ大きい大会にはめっぽう強い印象があります。

ダンロップフェニックストーナメント2018放送予定 解説者にも注目

 

地上波

  • 11月17日(土)3日目(決勝ラウンド)
    14:00~15:54
    MSB発JNN24局ネット LIVE
  • 11月18日(日)4日目(決勝ラウンド)
    15:00~16:54
    MSB発JNN24局ネット

□出演者
解説:青木功
ラウンド解説:加瀬秀樹
実況:馬野雅行 リポーター:井上雅雄 インタビューアー:金山泉

解説者 おなじみですが 世界の青木功です。
めっちゃ楽しみです。 やっぱり解説者によって深みというか勉強になりますよね。

特に青木功さんは選手の心理状態とか、風向きによってのクラブの選択、なぜそれを選んだというか選ばざるえなかったとか解説してくれるので勉強になります。

ラウンド解説も加瀬秀樹さんです、最近よく見ますが渋みが出てきましたね 笑

 

CS放送GAORA SPORTS

  • 11月15日(木)第1日目(予選ラウンド)
    8:00~9:30 ドライビングレンジ LIVE
    10:00~15:00 LIVE
    再放送は16:15~20:30
  • 11月16日(金)第2日目(予選ラウンド)
    8:00~9:30 ドライビングレンジ LIVE
    10:00~15:00 LIVE
    再放送は16:15~20:30
  • 11月17日(土)第3日目(決勝ラウンド)
    9:00~13:30 スタートホール~9番ホール LIVE
    再放送は11:30~16:00
    地上波放送分の録画放送19:00~21:00
  • 11月18日(日)第4日目(決勝ラウンド)
    8:00~12:30 スタートホール~9番ホール LIVE
    再放送は11:30~16:00
    地上波放送分の録画放送19:00~21:00

CS放送のGAORA も今回気合入ってます。
ドライビングレンジとか地上波では見れないですよね。

 

今年の有力出場者から優勝者を予想

誰が何といってもまずは、松山秀樹でしょう!調子も悪くないです、先日の米国ツアーのプレーオフ最終戦「ツアー選手権」でのタイガーウッズの復活優勝であまり話題になりませんでしたが、この大会でも最終日65で回り堂々の4位タイフィニッシュです あのマキロイの上をいってます。

ツアー選手権に5年連続で出場できているのは、松山英樹、ジェイソン・デイ、パトリック・リード、の3名のみで安定した成績です。

次に挙げる人はやはりこの人 ブルックス・ケプカ選手 仕方ないですよ、なんといってもダンロップフェニックストーナメント2連覇ですから。
今回優勝すれば当然ながら3連覇、ダンロップフェニックストーナメントで3連覇しているのはあのジャンボ尾崎のみです。インタビューでも

I hope to join Mr. Ozaki as a three-time winner

ジャンボ尾崎と肩を並べたいということですか? 英語なんでよくわかりませんが、なんかかっこいいですよね。

ツアー選手権では26位でしたが、この人体はそんなに大きくない(といっても身長185cmはありますが 笑)ドライバーの平均飛距離半端ないです。有力候補の一人であることは間違いないと思います。

スポンサーリンク

まとめ

ダンロップフェニックストーナメント長きにわたり日本の最高額賞金額トーナメントとしてたのしませてくれましたが、今回も一段と楽しめそうです。

やはり海外のトップ選手がきてくれると大会もりあがります。
松山英樹選手の優勝も見たいし、ブルックス・ケプカ選手の3連覇も達成されれば記録として素晴らしいです。
今回か開催されるダンロップフェニックストーナメントの開催地 宮崎市は地鶏(炭火焼き)は有名ですし、ステーキもイケます。お寿司もレタス巻は元祖です。
出来れば現地 宮崎に行って観戦を楽しみましょう。

私のダンロップフェニックストーナメントに行った時の宮崎鉄板店はこちらに紹介しています。よかったら見てください。

ダンロップフェニックス2018 宮崎宿泊でベストホテルはどこ? 食事も楽しもう宮崎うまいもの鉄板店

スポンサーリンク

コメント