【渋野日向子選手のドライバー】仕様はなに?どこでいくらで買える?

黄金世代の代表になったといってもいい「渋野 日向子選手」42年ぶりのLPGAメジャー大会「AIG全英女子オープン」での優勝勝因の一つは間違いなくドライバーの飛距離、正確性にありました。

渋野 日向子選手は日本国内の日本女子LPGAでのトータルドライビングは4位(2019年8月)ですが優勝したメジャー大会の最終日でのドライバー平均飛距離は264.0ヤードと発表されてます。

同大会で3位で8月現在で世界ランク1位のコ・ジンヨンの飛距離が平均250ヤード、同組のブハイが246ヤード。

世界の一流選手たちを15〜20ヤード引き離しています。ほんと見ていて気持ちのいいスイングと弾道でした。

そんな渋野 日向子選手のドライバーの仕様と値段ご紹介します。

目次

渋野 日向子選手のドライバーはPINGのG410

ドライバ―(PING ):G410 PLUS(プラス)(ロフト角10.5度)

ヘッド:455cc
シャフト:Speeder EVOLUTION V 硬さSR  44.75インチ

このドライバ―のおすすめの点は?

①弾道調整機能がついている

何ができるの?

ヘッドの後ろの3か所につけられる可変式弾道調整ウェイトで、ドロー、まっすぐ、フェードのスイングを調整して求めるストレート弾道に近づけることができます。

G410の弾道調整機能

ドライバ―画像引用元:https://clubping.jp/product/product2019_g410_d.html

クラブヘッドがボールの軌道を補助してくれる!
素晴らしいです。

ちなみに渋野日向子選手の弾道調整ウエイト位置は真ん中のスタンダードポジションです。普通のスイングでさらに前に推し進める印象です。

②2種類のライ角とロフト角が調整できる点

ライ角とロフト角が調整できるのは弾道の高さ、左右のぶれの調整ができるので非常に便利です。
それぞれで8種類の組み合わせができます。

ライ角ロフト角調整範囲
Neutral-1.5度-1.0度0度+1.0度+1.5度
Flat-1.0度0度+1.0度
ロフト角ライ角の調整ができる
渋野日向子選手のドライバーアドレス


引用元 https://www.golfdigest-minna.jp/_ct/17293551/album/16785444/image/16839771

渋野日向子選手はどちらかといえばハンドダウン気味のアドレスですので、ヘッドのトウが上向きになり、ボールが左に行きやすいのをライ角をフラットにすることで調整しているようです。

ライ角を選択できるのはありがたいですし、貴重です。

③シャフトの種類が豊富

シャフトもこれだけラインナップがあると安心です、むしろちょっと悩んでしまいますか?(笑)

下記PINGさんのカタログ記事引用ですが、基本この形ですね。

一般的には、ヘッドスピードの遅いプレーヤーは、ロフトが多めで、シャフトが柔らかめ、ヘッドスピードが速いプレーヤーは、ロフトが少なめ、シャフトが硬めを選択することで、最適な打ち出し条件が得られます。

シャフトフレックス重量(g)キックポイント
PING Alta J CB Red
R45.0
SR50.0中元
S55.0
X60.0
PING Tour 173-65
PING Tour Shaft
R57.0
S61.0中元
X66.0手元
PING Tour 75
PING Tour Shaft
R68.0
S75.0中元
X80.0手元
PING Alta Distanza
Alta Distanza shaft
40.0
The Attas
5S54.0
6S63.0
Fujikura Speeder Evolution V
Fujikura Speeder Evo 661 Shaft
569S59.5中先
661S66.0中先
TENSEI CK Pro Orange
60S64.0手元
70S72.0手元

引用元 https://jp.ping.com/ja-jp/clubs/drivers/g410-plus

渋野日向子選手はFujikura Speeder Evolution V569を使用されてます。

渋野 日向子選手のドライバーG410の価格は?

PINGのドライバーは鈴木愛選手や比嘉真美子選手が使用しているクラブということでもともと人気がありましたが、今回の渋野フィバーで価格はちょっと高止まりというか、シャフトによっては在庫ぎれが結構出てくるのではないかと思います。

メルカリなんか見ていても「このシャフト探してました」みたいなコメントありますし、人気ですね。

本体価格はカタログ記載で81:000円ですが市場価格は下の楽天とか参考に見てみてください。

まとめ

42年ぶりのLPGAメジャー大会優勝者「渋野日向子」選手のドライバーG410 PLUSを紹介してきました。

個人的には特徴でも説明しましたが

①弾道調整機能がついている

②2種類のライ角とロフト角が調整できる点

この2点はPINGさんこのドライバ―発売してくれてありがとうございますという感じです。弾道調整はミスを低減するという意味もありますが、逆にいえばストレート弾道の人がフェードやドローを打ち分ける手段にもなりえるわけで、これは画期的。

またロフトの微調整が可能なのはボール弾道調整にも役立ちます。最後は腕ですが、頑張って渋野日向子選手のように250ヤードオーバーのドライビングで笑顔でゴルフできるようになりたいですね!

最後まで読んでいたただいてありがとうございます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

自分で打ったボールまた拾いに行ってこんなの何がおもしろいの?と思ったのが30年前、今ではブログ書くまでゴルフにはまってます。

最初の100切り、100でなくていきなり90切りの88が自分の中ではプチ自慢のサラリーマン。

へたでも本人納得なら幸せなゲームがゴルフだと思ってます、ゴルフ関係の情報発信が皆さんに少しでもお役にたてれば嬉しいです。

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次
閉じる