【大統領自由勲章】祝タイガーウッズ受賞・歴代のゴルフプレイヤーは誰?

[quads id=4]

2019年5月6日、タイガー・ウッズが「大統領自由勲章」をドナルド・トランプ大統領より授けられました。
2019年マスターズ復活優勝がこの栄誉を引き寄せたことは間違いないでしょうが、やはりどん底からの再起は多くのアメリカ人が見てますから皆さん納得されての受賞でしょう。

タイガー・ウッズの43歳という若さでの受賞は過去の受賞者に比べても群を抜いてます。次もらう人のハードルすごく高めていると思うのは私だけでしょうか(笑)

[quads id=3]

目次

そもそも大統領自由勲章てなに?

私は恥ずかしながら、今回タイガー・ウッズが受賞しなければ「大統領自由勲章」の存在さえ知りませんでした。ちょっと調べた結果ですが

もともと英語では

「Presidential Medal of Freedom」

だそうです。「大統領の」、「自由の勲章」日本語訳はそのままですね(笑)

しかしアメリカ合衆国の勲章では「議会名誉黄金勲章」とならんで文民に贈られる最高位の勲章とのこと、日本の国民栄誉賞みたいなものでしょうか。

1945年に始まって、おおよそ独立記念日(7月4日)前後に授賞式が行われるそうです。

歴代のゴルファー叙勲者

歴代の受賞ゴルフプレイヤー今回のタイガー・ウッズを入れて4人になります。ウッズは史上4人目ですね。

  1. アーノルド・パーマー(2004年、74歳で受賞)1929年9月10日生まれ 87歳で死去
  2. ジャック・ニクラス(2005年、65歳で受賞)1940年1月21日生まれ 現在79歳
  3. チャーリー・シフォード(2014年、92歳で受賞)1922年6月2日生まれ 92歳で死去
  4. タイガー・ウッズ(2019年、43歳で受賞)1975年12月30日生まれ 現在43歳
※現在年齢は2019年5月時点にて

今までの大統領自由勲章は現役後の名誉という感じですが、今回のタイガー・ウッズは43才現役バリバリですから異色といってもいいのではないでしょうか。

受賞者の決定は、推薦などを参考に大統領が行うとのことなので今回トランプ大統領のキモイリですね。

受賞時のタイガ―・ウッズファミリー

引用元:https://news.yahoo.co.jp/pickup/6322616

タイガーウッズが大統領自由勲章をもらった時のタイガーウッズファミリーとトランプ大統領夫妻との集合写真になります。
タイガーウッズ濃紺のスーツが似合ってますね。この時の記念スピ―チはこれまでサポートしてくれた人への感謝ものべられてました、タイガーもやっと落ち着いた感がありますね。

写真右から

  • トランプ大統領夫人
  • トランプ大統領
  • タイガーウッズ
  • 長男チャーリー
  • 長女サム
  • 母親クルティダ
  • 恋人エリカ・ハーマン

公式な受賞式に家族同席は日本でもなくはないですが、恋人同伴というのはさすがアメリカというべきでしょうか、それだけエリカ・ハーマンさんタイガー・ウッズはもちろんアメリカ市民からも認められているということなのでしょう。

[quads id=3]

まとめ

ゴルフプレイヤーの「大統領自由勲章」受賞は2014年の受賞者「チャーリー・シフォード」以来の5年ぶりです。
アメリカで次の受賞者いつ出てくるかわかりませんが、日本でも「国民栄誉賞」にゴルフプレヤーが選ばれる日が来るといいですね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

自分で打ったボールまた拾いに行ってこんなの何がおもしろいの?と思ったのが30年前、今ではブログ書くまでゴルフにはまってます。

最初の100切り、100でなくていきなり90切りの88が自分の中ではプチ自慢のサラリーマン。

へたでも本人納得なら幸せなゲームがゴルフだと思ってます、ゴルフ関係の情報発信が皆さんに少しでもお役にたてれば嬉しいです。

コメント

コメントする

目次
閉じる